山の陰から  写し人の便り | 山陰地方の風景と狛犬に魅せられて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by takesan on  | 

来待層の化石・布志名層の化石展

松江市宍道町東来待    来待ストーンにて

’14.7来待化石展2

’14.7来待化石展1

先日久しぶりに来待ストーンに行って来た。
少し話しもあったが目的のひとつにこの化石展が見たかった。

「パレオパラドキシア」の骨格模型。
1400万年まえの哺乳動物なのだが来待石の砕石場で左下顎骨が発見されている。
この全身骨格模型は岡山県津山市で発見された物のレプリカです。

その昔山陰でもこいつが歩き回っていたと思うと不思議な思いだ。

なかなか身近で見ることも無いと思うので今月31日まで開催しているので
涼みがてら見学して見てはどうだろうか。


使用機材:NIKON D800E/AF-S NIKKOR 58mm F1.4

尚:撮影及びブログ掲載の許可は取ってます。





Category : 独り言
Posted by takesan on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。