山の陰から  写し人の便り | 山陰地方の風景と狛犬に魅せられて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by takesan on  | 

NIKON Df

NIKON Df 1

D800Eの高画素については十分に満足している。
神社なのでの暗いところや夜景撮影などで手持ちでもう少し高感度耐性の高いカメラがあっても
良い様に思っていた。
いずれはD4などのD一桁機かなと考えていた。

NIKON Df 3

昨年の秋にDfの情報が流れ始めまずはそのスタイルに惚れた。
有効画素数1625万画素で画像処理エンジンEXPEED 3とD4と同じとくれば心がぐらぐらと揺らいだ。
ただシャッタースピードが1/4000までで連続撮影が5.5コマ/1秒とD4より少ないが
風景や狛犬などの撮影が主なのでまったく問題がない。
Df発表日に発注し発売日当日には手にしていた。
案の定好評初期ロット売れきれで今も納期未定の販売店の多いと聞く。

NIKON Df 2

ISOの設定・シャッター設定などはフイルム機を思い出させる様なダイヤルは愛着を感じる。
使いにくいとの巷の評価もあるようだがファインダをいちいち覗かなくても確認が出来し実際に
使用してみると意外と使いやすい。

ここ一ヶ月使用した感想は期待した以上の結果が得られたと思う。
D800Eとナノクリレンズとの組み合わせで切れの良い写真は当然狙って行きたいが
DfとAIシリーズの単焦点レンズを使って味のある作品作りが出来ればと考えている。





使用機材:NIKON Df/AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G/ PC MICRO NIKKOR 85mm F2.8D




Category : 独り言
Posted by takesan on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。