山の陰から  写し人の便り | 山陰地方の風景と狛犬に魅せられて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by takesan on  | 

方結神社の狛犬(古き獅子たち)

松江市美保関町片江

’12.9方結神社古い狛犬3

日本で最初の二艘曳の底曳網漁法発祥の地「片江」
「片江船団」が組織され昭和30年代にその名を全国にはせていた。
その漁村に鎮座しているのが方結(かたゆ)神社。
本殿前に鎮座している狛犬が現存している構え型としては古い部類に入るものらしい。

’12.9方結神社古い狛犬1

’12.9方結神社古い狛犬2

出雲構え型狛犬阿吽(来待石製)   文化6年(1806)

寄進されてから約200年後の今秋新しい来待石製の構え型の狛犬に役目を渡す事になった。
今月7日「方結神社」の遷宮の際に若き獅子達はお露目となる。
引退後は神社脇でひっそりとこの地を見守ることになっている。


帰りみち惣津の海岸でしばらく海を見ていた。
夕暮れ時の海は綺麗だった。

’12.9惣津の海



使用機材:
NIKON D700/AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED/AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8/AI-S NIKKOR 35mm F1.4






Posted by takesan on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。