山の陰から  写し人の便り | 山陰地方の風景と狛犬に魅せられて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by takesan on  | 

旧盆 仏さん送り

もう気がつけば9月に入っていた。
今年も暑い夏だった、8月から活動を再開するところだったが盆の入りに叔父が鬼籍に入った。
いろいろと思うところもあり先月も休止していた。
9月に入り少し過ごしやすくなって来たこともありまたボチボチとブログの更新をして行こうと思う。

旧盆の仏さん送りには私の地元では昔ながらの風習が残っている。

’12.8盆送り1

’12.8盆送り2

’12.8盆送り3

地区の三ヶ所に祭壇を設け一番近い祭壇のところから仏さんを送るのだが私が子供の頃は各々の家庭で精霊船に
お盆に飾ったお供えを乗せその祭壇場所から精霊船を流したものだ。
精霊船も各檀家によりさまざまで藁で編んで作ったものや木製の確りとした作りのものなど様々だった。

その際寺の和尚が船に乗りお経をあげて行く。
環境問題から昭和の40年代には精霊船を流すのは中止になりその代わり水溶性の紙にお経を書いたものを
流すようになった。

でも仏さん送りの風習はいまでも残っている。
聞けば近くの地区では仏さん送りの行事を止めているところもあると言う。
古くからのその地区の住人より新しく越して来たところが増え宗教や宗派の違い。
その地区での横のつながりが薄くなったりなどがあり難しくなったそうだ。

今後もいろいろなところでも昔ながらの風習がやもえない理由で消えていくのだろう。
そうなる前に出来るだけ撮影しておきたいと思う。

この行事が夏の終わりを告げる。

しかしこの夏、更新をサボっていたのでもう少し夏の時期の記事が続きます。





使用機材:NIKON D700/AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8Ⅱ+TC-20EⅢ






Category : 中海圏
Posted by takesan on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。