山の陰から  写し人の便り | 山陰地方の風景と狛犬に魅せられて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by takesan on  | 

諏訪神社の狛犬

松江市美保関町雲津    諏訪神社

’11.10雲津諏訪神社4

昭和61年の大火にて社殿は全焼して狛犬もそのために全身が焼けてしまっている。
のちに社殿は雲津の人々の力により再建された。
美保神社と同じく二社並置でかつては向かって右手を諏訪神社・左手を美保神社として祭っていたという。

’11.10雲津諏訪神社1

’11.10雲津諏訪神社2

’11.10雲津諏訪神社3

来待石製 出雲構え型阿吽狛犬   寄進年不明

焼けて表面が解けたためかその形相は異様だがそれはまた諏訪神社の守りとしての貫禄十分である。


’11.10雲津諏訪神社5
神社前の雲津浦

’11.10雲津諏訪神社
神社後ろの日本海

神社の前には雲津浦が広がり神社の後ろには日本海が展望できる。
ここに行った時は天気は快晴で波もなく湾内や外海も穏やかだった。
暫く海を眺めていた。

ただ夜間などは立ち入り禁止になっているようでいつでも入れるようではないようだ。





使用機材:Nikon D-700/AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8/AF-N NIKKOR 20mm F2.8/AI-S NIKKOR 85mm F1.4











Posted by takesan on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。