山の陰から  写し人の便り | 山陰地方の風景と狛犬に魅せられて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by takesan on  | 

鬼の舌震 (奥出雲)

島根県仁多郡奥出雲町

鬼の舌

Nikon D80/NIKKOR 18-70mm F3.5-4.5

鬼の舌2

Nikon D80/NIKKOR 18-70mm F3.5-4.5

久しぶりに鬼の舌震に行って来ました。
十年ぶりですかね、まだ紅葉にはずいぶん早いのですがでも結構ここを訪れる人は多かったですね。

ずいぶん奥まで遊歩道が整備されていて驚きました。

鬼の舌振とはその昔阿伊の里に住む王日女命を恋い慕った和仁(サメ)が日本海より斐伊川を夜な夜な通い来たのでこれを嫌った姫は大岩で川を堰きとめ拒まれた和仁は一層烈して姫を恋い慕ったと言う。
その和仁のしたぶるがなまって鬼の舌震になった。
と言われてますが、どんな美女だったんですかね~。一度拝んで見たいものです。(笑

それにしても岩を飛ばす絶世の美女、ん~・・・。


鬼の舌3

Nikon D80/NIKKOR 18-70mm F3.5-4.5

鬼の舌4

Nikon D80/NIKKOR 18-70mm F3.5-4.5

紅葉の時期はここは素晴らしいでしょうね、またその頃に来たいと思います。

ここの雪景色の写真を何処かでみたのですが、どちらかといえばそっちの方に興味があるんですがね。


これで今回の伯太から奥出雲ツアーは一応終わりです。
お付き合いありがとうございました。

今度はどこに行きましょうか~。(笑
Posted by takesan on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。