山の陰から  写し人の便り | 山陰地方の風景と狛犬に魅せられて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by takesan on  | 

菅原天満宮の狛犬 (宍道町)

島根県松江市宍道町菅原

’10.11菅原天満宮4

’10.11菅原天満宮1
Nikon D-700/AI-S NIKKOR 85mm F1.4

最近はなかなか時間が取れず写真撮影や更新が出来てません。(^^;
やっと時間が取れるようになって来た。(^^;
11月の事だが来待周辺の神社を廻って狛犬に会って
来たのでまずは菅原天満宮の狛犬の記事から。(笑

菅原天満宮は菅原道真公を祀っており学問の神様としてこれからの時期は受験祈願などで
訪れる人も多い。

ここ菅原は、菅原道真公の生誕の地とされ
承和12年(845)6月25日出雲国菅原の地で生まれたと伝えられている。
道真公の父菅原是善卿が出雲の国庁に在住の折菅原家の先祖で相撲の神様としても
有名な野見宿弥(のみのすくね)の墓参りのため当地を訪ねられた。
その時の道案内の乙女が道真公の母という事らしい。

菅原天満宮は、道真公が大宰府に左遷され無念の死をとげられた後、菅原の里人たちが
天暦5年(951)にこの地にお宮を建てた。
その後松江藩の松平直正公が寛文3年(1663)東北の銘木なる羅漢松を以って新しい
社殿を造営された。
(現在の本殿はほぼ当時のものと云うことだった。)


’10.11菅原天満宮2

’10.11菅原天満宮3
Nikon D-700/AI-S NIKKOR 85mm F1.4

来待石製 構え型阿吽 嘉永2年(1849)


’10.11菅原天満宮5

’10.11菅原天満宮6
Nikon D-700/AI-S NIKKOR 85mm F1.4

来待石製 狛牛

牛に道真公の亡骸を乗せて北東(丑寅)へ向かって進ませて牛が動かなくなった所に
亡骸を埋めてくれとの逸話から由来する。
その地は道真公の終焉の地は大宰府だから大宰府天満宮ではないかと思う。


菅原天満宮の鳥居のところにも立派な狛犬が鎮座しているが今回写真を撮るのを
忘れた。(^^;
今度梅の時期にまた訪れる事にする。(笑








来待の宍道湖湖畔にて

’10.11来待ストーン1

’10.11来待ストーン2
Nikon D-700/AI-S NIKKOR 85mm F1.4

JR来待駅前にて
’10.11来待ストーン5

’10.11来待ストーン8

’10.11来待ストーン6

’10.11来待ストーン7

’10.11来待ストーン9
Nikon D-700/AI-S NIKKOR 50mm F1.2

10月の末私のブログにあるお方からコメントが来た。
それは来待ストーンの館長からのコメントだった。(笑

たまたま館長著書の「狛犬見聞録」で検索をかけたら私の
ブログに当たったらしい。
お気の毒に。(爆)

これは何かの縁だと思い早速メールを送った。
お話を聞きにそのうちお伺いしますと。(爆)

’10.11来待ストーン4

’10.11来待ストーン3
Nikon D-700/TAMRON SPAF 28-75mm F2.8 XR Di LD

それからもう何回足を運んだだろう。(笑
その度に貴重な体験談と情報を教えて貰っている。
口には出さないが来待ストーンの玄関を入る度にただいまと心で云っている
自分がいる。(爆)

話好きで何時間でも話続ける館長と笑顔が可愛い女子職員の入れてくれる
お茶がおいしいのでついつい長居をしてしまう。(笑

それにしても人の縁とは摩訶不思議なものだとつくづく思う。
これも狛犬が引き合わせてくれた縁なのだろう。








Posted by takesan on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。