山の陰から  写し人の便り | 山陰地方の風景と狛犬に魅せられて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by takesan on  | 

来待神社の狛犬

島根県松江市宍道町上来待  来待神社

’10.11来待神社1

’10.11来待神社2
Nikon D-700/AI-S NIKKOR 85mm F1.4

紅葉と狛犬は今年はもう終わりと決め付けて
来待の町内の狛犬に会いに行く事にした。^^

先月の事になるがまずは来待神社の狛犬に会いに行った。(笑

出雲国風土記に支麻(きまち)社として式内神社として登場するのが現在の
来待神社のようだ。

崇神(すじん)天皇の時代大和國三輪より大物主神の神霊を人々が来るのを
待っていたことから「来待」と名づけられたと言う説もある。

本殿は三殿連結で中央が大物主神、左が事代主神、右が五十猛神を祀っている。

’10.11来待神社3
Nikon D-700/AI-S NIKKOR 85mm F1.4

来待石製 構え型阿形 文政4年(1821)
石工 文助

’10.11来待神社8
Nikon D-700/NIKKOR 35mm F2D

来待石製 構え型吽形  文政4年(1821)
石工 林蔵

この狛犬は島根県内最大級の出雲式狛犬と云われている。

’10.11来待神社4
Nikon D-700/AF NIKKOR 18mm F2.8

来待石製 座り型  文政5年(1822)

’10.11来待神社6

来待石製 構え型  安政7年(1860)

’10.11来待神社5

来待石製 構え型  幕末(推定)

’10.11来待神社7

来待石製 構え型 不明
この狛犬は本殿横に据えてあった、引退狛犬か?

この3枚ともNikon D-700/NIKKOR 35mm F2D

’10.11来待神社9
Nikon D-700/AF-N NIKKOR 20mm F2.8

流石に来待石の本拠地の来待神社は出雲式狛犬の構え型・座り型の名品級が鎮座している
とてもよい所だ。(笑

やはり神社や狛犬に18mmや20mmの広角レンズが役に立つ事が判った。(笑
広角に固執して細かく刻んでを揃えたのは間違いではなかった。(爆)
これはもう手放せないな。(爆・爆)










Posted by takesan on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。