山の陰から  写し人の便り | 山陰地方の風景と狛犬に魅せられて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by takesan on  | 

虫野神社の狛犬

島根県松江市福原町

’10.8虫野神社1

’10.8虫野神社8
Nikon D-700/TAMRON SPAF 28-75mm F2.8 XR Di LD

’10.8虫野神社11
Nikon D-700/Tokina 100mm F2.8 MACRO AF


枕木山山麓の山間に鎮座する神社。
ここ福原は古くは「虫原」と呼ばれていたが、松江藩主・松平直政公が鷹狩の祭に訪れたときに
「福原」と改名させたと伝えられている。

松江北山農道から少し山の方へ入ったところなのでほとんど人は居らず、近くで農作業されて
いる方と時たま出会うぐらいで静かなところだ。
私はここが好きで近くを通る時はほとんど寄って狛犬に話を掛けている。(爆)


石段を上がったところに年代は違うが対の灯篭がある。
その灯篭の上に構え型狛犬が乗っている。
これも変わり狛犬の一種になるだろう。

’10.8虫野神社2

’10.8虫野神社3
Nikon D-700/TAMRON SPAF 28-75mm F2.8 XR Di LD

吽形の方の灯篭は灯篭は弘化3年(1846)寄進。


’10.8虫野神社4

’10.8虫野神社5
Nikon D-700/TAMRON SPAF 28-75mm F2.8 XR Di LD

阿形の方は昭和56年(1981)寄進。
口から出ているのは蜘蛛の巣だと思うが、霊気が出ているようで面白い。(笑


座り型阿吽狛犬

’10.8虫野神社7

’10.8虫野神社6
Nikon D-700/TAMRON SPAF 28-75mm F2.8 XR Di LD

文政2年(1887)寄進  寺町石工 林蔵 作


’10.8虫野神社9
Nikon D-700/TAMRON SPAF 28-75mm F2.8 XR Di LD

猿型の石像 年代不明


’10.8虫野神社10
Nikon D-700/Tokina 100mm F2.8 MACRO AF

虫野神社境内の裏山に祀られている若宮八幡宮
狛犬は江戸期のものらしい。

海沿いに鎮座する狛犬もいいが、やはり神社・狛犬は鎮守の森に囲まれたほうが
合うのかもしれない。(笑















Category : 山陰の風情
Posted by takesan on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。