山の陰から  写し人の便り | 山陰地方の風景と狛犬に魅せられて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by takesan on  | 

清水寺の狛犬

島根県安来市清水町

’10.8清水狛犬2

’10.8清水狛犬3
Nikon D300/TAMRON SPAF 10-24mm F3.5-4.5 Di Ⅱ

先月のお盆休み最終日に一寸時間が出来たので安来の清水寺に一寸珍しい狛犬がいるので
某腹(黒)怪長を呼び出して会いに行ってきた。(笑


’10.8清水狛犬4

’10.8清水狛犬5
Nikon D300/NIKKOR 35mm F2D

根本堂前の狛犬は文化9年(1809)寄進されたもので寄進年が確認できる
狛犬としては旧安来市では最古の構え型。

大きな特徴としては、腰の位置が高く後脚が長い。
尻尾も、一般的な構え型に多い斜め上がりではなく水平に近い。
前歯も大きい。
前歯の大きいのは文化期頃の古い狛犬に多く見られるようだ。

200年も頑張っているこの狛犬は威風堂々の貫禄が感じられる。

まさに我が狂会のヲアニー怪長をみるようだ。(爆・爆)



「珍しい狛犬」
’10.8清水狛犬1
Nikon D300/NIKKOR 35mm F2D

清水の珍狛犬
Nikon D80/NIKKOR 35mm F2D

参道の階段を頭で支えている変わり狛犬。
この健気な姿に哀愁を感じてしまう。(笑
この狛犬の後姿の写真はいいものがなかったので
去年のものを使いました。(笑

枕木山の華蔵寺にも変わり狛犬がいる。
ここも狛犬が支えているが、華蔵寺のものは石板に狛犬が
彫ってある。
またおりを見て紹介したい。

変わり狛犬を探して歩くのも狛犬探訪の面白さだと思う。(笑



狛犬考:狛犬雑学

島根県で石造狛犬がどれだけいるのか興味があったので調べてみた。

2009年現在(来待ストーン統計資料より抜粋)
全体数:1223

旧松江市  :337
旧安来市  :116
広瀬町   : 60
伯太町   : 38
旧出雲市  : 53
旧平田市  : 48
斐川町   : 59
その他の地域:512

代表なところは上記だが、旧松江市がだんとつに多いのは判るとして
旧安来市が旧出雲市より多いのは意外だった。

また以前に狛犬の値段はいくらかと云う話があったので調べてみた。
来待石製唐獅子価格(台座含む)来待ストーンの統計資料から抜粋 

寸法      明治28年     昭和17年

2尺     1円78銭3厘     18円

3尺     4円74銭3厘     50円

3尺5寸   6円70銭3厘     85円

4尺    10円 5銭

米価     4円          16円90銭
(米俵1俵(60Kg))

現在と比べてどうだろか?
想像が出来ない。(^^;


















Category : 山陰の風情
Posted by takesan on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。