山の陰から  写し人の便り | 山陰地方の風景と狛犬に魅せられて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by takesan on  | 

明島神社の狛犬

島根県松江市美保関町惣津

’10.8明島神社1

’10.8明島神社4
Nikon D-700/TAMRON SPAF 28-75mm F2.8 XR Di LD

一時期美保関隕石で話題になった惣津の集落から離れた出島に鎮座する明島(めいしま)神社。
昔は島だったのだろうが今は地続きで歩いて行けます。

’10.8明島神社2

’10.8明島神社3

’10.8明島神社6
Nikon D-700/TAMRON SPAF 28-75mm F2.8 XR Di LD

構え型 明治24年(1891)来待石
流石に海風がまともに受けるところに鎮座している為かなり風化している。
いつまで残ってくれるのか心配だな。(^^;

’10.8明島神社5

島の頂上に建っているので望めはいい。^^
眼下に広がる日本海と波の音しか聞こえない。
日本海に沈む夕日と狛犬は絶景だろう。
チャンスを見てまた来よう。(笑

’10.8明島神社7

’10.8明島神社8
Nikon D-700/TAMRON SPAF 28-75mm F2.8 XR Di LD

明島の下は砂浜と岩場で夏になると海水浴客も訪れるが以外と穴場で
人は少ない。(笑

’10.8明島神社9

’10.8明島神社10
Nikon D-700/Tokina 100mm F2.8 MACRO AF

もうお気づきの方もおられると思うがFX(フルサイズ)のD700を新規導入した。(笑
去年からフルサイズ機の導入は考えていて高感度など写りも気になっていた。

今後APS-CのD300で望遠域とフルサイズのD700で広角域と夜景撮影など
試行錯誤しながら使い分けて撮影して行こうと思う。(笑

突っ込みどころ満載だと思うが、そこのところを理解して怪員はコメントを
入れるようにしてください。(爆)
まぁ、批難覚悟ですが。(^^;


狛犬考:「狛犬の起源について」
古代オリエントまで遡る。
国王が巨大な力を得るために、地上最強の動物と思われていた獅子(ライオン)の
力を王に宿らせると云う思想があり、王座の肘掛に獅子頭を刻んだりするように
なった。
これを「獅子座の思想」と呼んでいる研究者もおられるようだ。

インド・ガンダーラを経由して獅子座思想は中国に入る。
いわゆる「唐獅子」と呼ばれる獅子像は中国文化が生み出した独特の物です。
中国でも、皇帝の守護獣として定着していった。
それを日本の遣唐使が日本の宮中に獅子座思想を持ち込んだようだ。

日本に持ち込まれた直後に一対の獅子像は「獅子・狛犬」と云う日本独特のものに
変わる。

狛犬の「狛」は諸説あるようだ。
①「狛」は、中華思想では「周辺の野蛮な地」を指していた。
 従って狛犬は「中国の外(野蛮な異国)に棲む正体不明の怪しい犬」と云う
 意味で、想像上の霊獣。

②「狛」は、もう今では中国でも使われなくなった古い言葉だが、本来「神獣」の意味。
 犬に似ていて頭部に角があり、猛々しい姿をしている。

③「狛」に高麗の文字をあて高麗犬としてルーツは朝鮮とする説。
 獅子座思想から考えれば中国から朝鮮半島を経て仏教と共に日本に伝わったと言うのが
 正しいかもしれない。


いずれにしても獅子座思想が日本に入って来たときに日本人は獅子(ライオン)
を見たことがないからあくまでも空想の動物である。

日本においても狛犬は各文化圏がある。
出雲型、浪速型などなどがある。
山陰でもそれぞれな狛犬を見ることが出来る。

それについてはまたいずれかで紹介したい。






Category : 山陰の風情
Posted by takesan on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。