山の陰から  写し人の便り | 山陰地方の風景と狛犬に魅せられて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by takesan on  | 

利川神社の狛犬

鳥取県鳥取市青谷町早牛  利川(はやかわ)神社

’11.2利川神社6
Nikon D-700/AI-S NIKKOR 50mm F1.2

’11.2利川神社5

’11.2利川神社4
Nikon D-700/AI-S NIKKOR 85mm F1.4

出雲構え型狛犬阿吽

ここには川六作の変わり狛犬が鎮座している。(笑

’11.2利川神社1

’11.2利川神社2

’11.2利川神社3
Nikon D-700/AI-S NIKKOR 85mm F1.4

安山岩製 手水鉢狛犬  安政6年9月(1859) 川六作

手水鉢に狛犬が付いた物は珍しいではないかと思う。

石工 川六について
川六(川積の六朗兵衛 本名 尾崎六郎兵衛)は北川原村の生まれで江戸時代末期に
青谷町周辺で活躍した石工である。

彼が残した作品は、常夜灯、狛犬、地蔵尊、手水鉢、鳥居など多岐に渡り
現在は34点川六の銘が確認されている。

川六の狛犬は、全体に彫が深く顔立ちから尾や鬣の巻き毛にいたるまで丁重な
造りがされている。
また使用している石は硬い安山岩にこれだけの細工を施すのはかなりの手間が
掛かっただろうと推測され彼の職人気質がしのばれる。

どの狛犬にも大きな目と耳、ぺしゃんこで大きな鼻を持っており迫力がありながら
親しみを感じてしまう。(笑
そこが魅力なのだろう。

前回紹介した鷲峯神社の狛犬は川六作品の中でも個性豊かで傑作と云われている。

今度は暖かくなってから残りの川六の狛犬に会いに行こうと思っている。









スポンサーサイト
Posted by takesan on  | 

鷲峯神社の狛犬

鳥取県鳥取市鹿野町鷲峯  鷲峯(じゅうぼう)神社

’11.2鷲峯神社の狛犬7

’11.2鷲峯神社の狛犬8
Nikon D-700/AF-N NIKKOR 20mm F2.8

’11.2鷲神社の狛犬10
Nikon D-700/AI-S NIKKOR 50mm F1.2

’11.2鷲峯神社の狛犬9

青谷町周辺に気になる狛犬達がいる。(笑
石工 川積の六良兵衛(通称川六)が造った狛犬。
その中でも一番の有名なのがここ鷲峯神社の狛犬。

以前から会いたいと思っていたが青谷や鹿野町は私のところからでは遠い。(^^;
片道2時間弱の道のりである。

1月中旬に時間が取れたので雪の心配があったが取りあえず鹿野町に向かった。(笑
案の定1m以上の積雪のためすぐ近くまで行けたが辿り着けなかった。(^^;

2月中旬にまた時間が取れたのでリベンジに行ってきた。(笑
まだ神社周辺には雪が残っていたが今回は難なく行けた。^^

’11.2鷲峰神社の狛犬2

’11.2鷲峯神社の狛犬5
Nikon D-700/AI-S NIKKOR 50mm F1.2

’11.2鷲峰神社の狛犬1
Nikon D-700/AI-S NIKKOR 85mm F1.4

’11.2鷲峰神社の狛犬3
Nikon D-700/AI-S NIKKOR 50mm F1.2

’11.2鷲峰神社の狛犬4
Nikon D-700/AI-S NIKKOR 85mm F1.4

北川原住川六 作  狆型狛犬阿吽   万延元年12月(1860.12)

この狛犬のモデルは狆(チン)ではないかと言われている。
どうも広島の三次人形(土人形)を参考に製作したとも言われる。

何とも可愛い顔立ちではないですか。
この狛犬に会いにわざわざ来た甲斐があった。(笑

そもそもなぜ狆型の狛犬なのか。
私が勝手に推測するに狛犬の語源からだと思う。

天平の時代、新羅の国から天皇家へチベットを原産とする狆の祖先犬が献上されたとする
記述が「日本書記」・「続日本記」・「日本記略」に記述がある。
その狆の祖先犬はたいそう可愛いがわれたが生き物はいつしか死ぬ。
その犬を死を悲しんだ天皇が彫刻師にその像を彫らせた。
そしてその犬は白い犬だったので白化粧を施した。
それでけもの辺に白と書いて「こま」と呼びその像を「狛犬」と呼んだ。
と云う説もありそこからの流れも考えられる。
諸説あるので何が正しいか判らないがいろいろ妄想するのは楽しい。(笑

ちなみに「狆」はとても小さく可愛らしく丁度猫と犬の中間ぐらいだからけもの辺に中と書いて「狆」
としたと云う説もある。(笑


’11.2鷲峯神社の狛犬6
Nikon D-700/AI-S NIKKOR 50mm F1.2

’11.2鷲峯神社の狛犬11
Nikon D-700/AI-S NIKKOR 85mm F1.4

またここの石段の苔は素晴らしい。^^
今度はもう少し暖かくなってからまた訪問したい。(笑













Posted by takesan on  | 

加茂川散策 

’11.2加茂川散策1
Nikon D300/TAMRON SPAF 28-75mm F2.8 XR Di LD

先週の日曜日山陰ポタリング倶楽部と山陰写進化狂会の仲間とカメラ片手に米子の加茂川散策に行ってきた。
総勢13人で約1km程の距離を2時間もかけて歩くと言う怪しげな団体となった。
よく警察に通報されなかったものだ。(爆)

’11.2加茂川散策2

’11.2加茂川散策3

’11.2加茂川散策4

’11.2加茂川散策5
Nikon D300/SIGMA 50-150mm F2.8

最近は狛犬ばかりのでこう云う風景撮りは久しぶりだ。(^^;
予報では天気はあまり良くないとの事だったが意外にも晴れ間が覗くいい散策日和だった。
気の合った仲間とワイワイ言いながらそれぞれの好きな被写体を求めて行く。
誰かが路地に入ったらそれにつられてまた誰かも入っていく。
そんな事しているから全然前に進まない。(^^;

’11.2加茂川散策6

’11.2加茂川散策7

’11.2加茂川散策8
Nikon D300/SIGMA 50-150mm F2.8

加茂川の河口の米子港まで行く予定だったがあまりにものスローペースで途中で終わりとした。(笑
その一番の原因。
昔ながらの駄菓子屋である。
ここでまた皆さん写真を撮り捲り。(笑
K氏とY氏に至ってはここで買い物が始まり出てこない。(爆)
ここの看板犬まで睨んでます。(笑

加茂川散策はここで終わりとし昼食後今度はポタへと切り替えた。
私は今回自転車を持ってきていなかったので車で自転車軍団の先回りをして珈琲の準備をして
皆に振舞う事にした。(笑

今回またまた楽しい一日が過ごせた。
愉快な仲間達に感謝。
また次回どこかに行きましょう。







Category : 中海圏
Posted by takesan on  | 

志多備神社の狛犬と巨樹

島根県松江市八雲町西岩坂    志多備神社

’11.2志多備神社13
NIKON D700/AF NIKKOR 18mm F2.8

’11.2志多備神社12

’11.2志多備神社1
NIKON D700/AI-S NIKKOR 50mm F1.2

伯耆の大シイに会ったなら八雲のスダジイに会いたくなった。(笑
先月になるが、八雲村の志多備神社の狛犬とスダジイに会いに行ってきた。

’11.2志多備神社2

’11.2志多備神社3

’11.2志多備神社4
Nikon D-700/AI-S NIKKOR 50mm F1.2

来待石製 座り型狛犬阿吽
残念ながら阿形の顔が欠けていた。(^^;

’11.2志多備神社5

’11.2志多備神社6

’11.2志多備神社7

’11.2志多備神社8

’11.2志多備神社9

’11.2志多備神社10
Nikon D-700/AI-S NIKKOR 50mm F1.2

’11.2志多備神社11
Nikon D-700/AI Fisheye NIKKOR 16mm F3.5

来待石製  構え型狛犬 阿吽

なかなかの面構えをしている。
今回狛犬は。50㎜ F1.2で撮影した見たが狛犬にはこのレンズが向いている
気がしてきた。(笑

標準レンズの方がこう云うものには向いているかもしれないが中望遠レンズも
なかなか捨てがたい味があるのでいろいろ試して行きたいと思う。(笑








Posted by takesan on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。