山の陰から  写し人の便り | 山陰地方の風景と狛犬に魅せられて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by takesan on  | 

田々神社の狛犬

島根県出雲市美保町  田々神社

’10.9田田神社1

神の世界に通じる石段。(笑

’10.9田田神社2

途中の鳥居のまだその先。(笑

’10.09田田神社3

ようやくたどり着いた。(笑

’10.09田田神社4
幕末から明治頃の来待石製 構え型 阿吽

田々神社は、白い船で有名になった塩津の東隣の美保町にある。
住宅地の中の小高い山の上にありとても見晴らしがいい。^^

前回の鞆前神社からも日本海の景色は良かったが、ここはさらに高い位置に
神社が鎮座しているのでまさに神の領域かも。(笑

’10.09田田神社5
平成生まれの比較的新しい狛犬。

’10.09田田神社6
今回すべてNikon D-700/TAMRON SPAF 28-75mm F2.8 XR Di LD

出雲地区の島根半島の日本海側は景色は素晴らしくまた日本海を見つめ続ける狛犬に感動を覚えた。(笑

またこの地域は山の上に神社が鎮座しているのが多くある。
もう一社訪ねるつもりだったが場所がわからずたどり着けなかった。(^^;
また次回来る事にする。(笑
今度は冬になるだろう、まぁその時は冬の日本海も拝めるかもしれない。(笑













スポンサーサイト
Category : 山陰の風情
Posted by takesan on  | 

鞆前神社の狛犬

島根県出雲市坂浦町  鞆前(ともさき)神社

’10.09鞆前神社8

平成5年(1993)10月寄進 
来待石製 構え型阿吽

’10.09鞆前神社1

島根半島の西部日本海側の狛犬を訪ねてきた。
夏も終わり緩やかな日本海を見れるのもそろそろ終わるだろう。
荒れた日本海も景色としては悪くはないが狛犬探訪にはいまがいい時期に思える。(笑

鞆前神社は、日御碕神社の分霊を勧請された社とある。

’10.09鞆前神社2

日本海と狛犬のコラボ。(笑

’10.09鞆前神社9


’10.09鞆前神社3

一寸珍しい狛犬の又覗き。(笑

’10.09鞆前神社4

ここの社殿の玉垣の上には小さな狛犬が2対鎮座していた。
これも珍しいように思える。

’10.09鞆前神社5

’10.09鞆前神社6

’10.09鞆前神社7
今回すべてNikon D-700/TAMRON SPAF 28-75mm F2.8 XR Di LD

明治18年(1885)旧10月寄進
来待石製 構え型阿吽 2対

少し首を傾げたような姿だ。
何とも愛嬌があって可愛らしい。^^
このような動きのある狛犬は、作者の遊び心を感じるようで好きだ。(笑

日本海沿岸の小さな港町にただずむ狛犬。
私にはこれが狛犬の原点として見える。(笑

さて次はどんな狛犬が待っているのだろうか。(笑













Category : 山陰の風情
Posted by takesan on  | 

芦尾の滝

島根県松江市秋鹿町芦尾

’10.9芦尾の滝1
Nikon D300/NIKKOR 18-70mm F3.5-4.5G

秋鹿町の日本海側秋鹿北港から西に向かい芦尾大橋の近くにこの滝はある。
滝口から海面まで20~30mぐらいだと思う。
しかし中腹に滝壺らしきものがあってその下は岩場なので流れは見れない。(^^;
その滝壺までが落差3~4mくらいだろうか。


芦尾大橋近くに車を止め浜辺まで下りて滝まで行ってみる。

’10.9芦尾の滝2

’10.9芦尾の滝3

’10.9芦尾の滝4
Nikon D300/NIKKOR 18-70mm F3.5-4.5G

最近まとまった雨は降ってないので水量は少ないが、今の時期に枯れてないので
幻の滝ではなさそうだ。(笑

’10.09芦尾の滝6

’10.09芦尾の滝5
Nikon D300/NIKKOR 18-70mm F3.5-4.5G

浜辺の岩を潜り岩を登っていく。(笑
岩場は足場が悪いので滑らないように注意が必要。(^^;

’10.09芦尾の滝7

’10.09芦尾の滝8

’10.09芦尾の滝9
Nikon D300/TAMRON SPAF 10-24mm F3.5-4.5 Di Ⅱ

滝を見てから浜辺で広角で遊んでみる。(笑
超広角は構図の撮り方が難しい。(^^;
まだ練習が足らないようだ。(笑








Category : 山陰の風情
Posted by takesan on  | 

虫野神社の狛犬

島根県松江市福原町

’10.8虫野神社1

’10.8虫野神社8
Nikon D-700/TAMRON SPAF 28-75mm F2.8 XR Di LD

’10.8虫野神社11
Nikon D-700/Tokina 100mm F2.8 MACRO AF


枕木山山麓の山間に鎮座する神社。
ここ福原は古くは「虫原」と呼ばれていたが、松江藩主・松平直政公が鷹狩の祭に訪れたときに
「福原」と改名させたと伝えられている。

松江北山農道から少し山の方へ入ったところなのでほとんど人は居らず、近くで農作業されて
いる方と時たま出会うぐらいで静かなところだ。
私はここが好きで近くを通る時はほとんど寄って狛犬に話を掛けている。(爆)


石段を上がったところに年代は違うが対の灯篭がある。
その灯篭の上に構え型狛犬が乗っている。
これも変わり狛犬の一種になるだろう。

’10.8虫野神社2

’10.8虫野神社3
Nikon D-700/TAMRON SPAF 28-75mm F2.8 XR Di LD

吽形の方の灯篭は灯篭は弘化3年(1846)寄進。


’10.8虫野神社4

’10.8虫野神社5
Nikon D-700/TAMRON SPAF 28-75mm F2.8 XR Di LD

阿形の方は昭和56年(1981)寄進。
口から出ているのは蜘蛛の巣だと思うが、霊気が出ているようで面白い。(笑


座り型阿吽狛犬

’10.8虫野神社7

’10.8虫野神社6
Nikon D-700/TAMRON SPAF 28-75mm F2.8 XR Di LD

文政2年(1887)寄進  寺町石工 林蔵 作


’10.8虫野神社9
Nikon D-700/TAMRON SPAF 28-75mm F2.8 XR Di LD

猿型の石像 年代不明


’10.8虫野神社10
Nikon D-700/Tokina 100mm F2.8 MACRO AF

虫野神社境内の裏山に祀られている若宮八幡宮
狛犬は江戸期のものらしい。

海沿いに鎮座する狛犬もいいが、やはり神社・狛犬は鎮守の森に囲まれたほうが
合うのかもしれない。(笑















Category : 山陰の風情
Posted by takesan on  | 

清水寺の狛犬

島根県安来市清水町

’10.8清水狛犬2

’10.8清水狛犬3
Nikon D300/TAMRON SPAF 10-24mm F3.5-4.5 Di Ⅱ

先月のお盆休み最終日に一寸時間が出来たので安来の清水寺に一寸珍しい狛犬がいるので
某腹(黒)怪長を呼び出して会いに行ってきた。(笑


’10.8清水狛犬4

’10.8清水狛犬5
Nikon D300/NIKKOR 35mm F2D

根本堂前の狛犬は文化9年(1809)寄進されたもので寄進年が確認できる
狛犬としては旧安来市では最古の構え型。

大きな特徴としては、腰の位置が高く後脚が長い。
尻尾も、一般的な構え型に多い斜め上がりではなく水平に近い。
前歯も大きい。
前歯の大きいのは文化期頃の古い狛犬に多く見られるようだ。

200年も頑張っているこの狛犬は威風堂々の貫禄が感じられる。

まさに我が狂会のヲアニー怪長をみるようだ。(爆・爆)



「珍しい狛犬」
’10.8清水狛犬1
Nikon D300/NIKKOR 35mm F2D

清水の珍狛犬
Nikon D80/NIKKOR 35mm F2D

参道の階段を頭で支えている変わり狛犬。
この健気な姿に哀愁を感じてしまう。(笑
この狛犬の後姿の写真はいいものがなかったので
去年のものを使いました。(笑

枕木山の華蔵寺にも変わり狛犬がいる。
ここも狛犬が支えているが、華蔵寺のものは石板に狛犬が
彫ってある。
またおりを見て紹介したい。

変わり狛犬を探して歩くのも狛犬探訪の面白さだと思う。(笑



狛犬考:狛犬雑学

島根県で石造狛犬がどれだけいるのか興味があったので調べてみた。

2009年現在(来待ストーン統計資料より抜粋)
全体数:1223

旧松江市  :337
旧安来市  :116
広瀬町   : 60
伯太町   : 38
旧出雲市  : 53
旧平田市  : 48
斐川町   : 59
その他の地域:512

代表なところは上記だが、旧松江市がだんとつに多いのは判るとして
旧安来市が旧出雲市より多いのは意外だった。

また以前に狛犬の値段はいくらかと云う話があったので調べてみた。
来待石製唐獅子価格(台座含む)来待ストーンの統計資料から抜粋 

寸法      明治28年     昭和17年

2尺     1円78銭3厘     18円

3尺     4円74銭3厘     50円

3尺5寸   6円70銭3厘     85円

4尺    10円 5銭

米価     4円          16円90銭
(米俵1俵(60Kg))

現在と比べてどうだろか?
想像が出来ない。(^^;


















Category : 山陰の風情
Posted by takesan on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。