山の陰から  写し人の便り | 山陰地方の風景と狛犬に魅せられて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by takesan on  | 

梅の花と狛犬

菅原梅ノ木天神大教会        松江市宍道町上来待菅原

’14.3天神教会1

梅の花と云えば私の中ではここ梅ノ木天神の梅なのだ。
梅ノ木天神大教会は菅原道真公のご生誕屋敷の伝承地で境内には産湯池社、番神社、総荒神社、身代わり天神社
などがある。

また梅園が隣接している。

’14.3天神教会2

’14.3天神教会3

’14.3天神教会4

やはりここの梅の花を見ないと私の春は始まらない。
ここの正面の菅原天満宮で今度は桜と狛犬を撮るかな。




使用機材:
     NIKON D800E
     AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G




スポンサーサイト
Posted by takesan on  | 0 comments 

狛犬誕生!

都牟自神社新狛犬1

先日来待の石工から新しく狛犬を彫ったので見に来いと連絡が来た。
この石工の彫る狛犬はどちらかと言うとやさしい顔立ちだと思うが
角度によりきつい形相のところもあって好みの狛犬なのだ。

都牟自神社新狛犬2

都牟自神社新狛犬3

来待では狛犬と呼ばず獅子と呼ぶ。
静の座り型・動の構え型
構え型の方が邪気に睨みをつけ守ってくれそうな気がする。
その顔立ちの中にやさしさが垣間見えるところがなんとも云えないのだが
人によってはそこが弱さに繋がるという人も居て面白いもんだと思う。

工房で見るのと神社で見るとは大違いなので奉納されたら是非行きたいと思う。






使用機材:
  NIKON Df
  AI-S NIKKOR 35mm F1.4
  AF-S NIKKOR 50mm F1.8G Speclal Edition






Category : 狛犬全般
Posted by takesan on  | 0 comments 

島根半島の狛犬 爾佐神社

爾佐神社      松江市美保関町千酌

’13.3爾佐神社2

かつて尼子勝久を主とする山中鹿之助率いる尼子再興軍が隠岐の島からここ千酌の浜に上陸したのは
永禄12年(1569)。
忠山に陣を構え元亀2年(1571)に敗退するまで毛利氏と戦った。

’13.3爾佐神社6

’13.3爾佐神社5

座り型狛犬 来待石製 昭和17年(1942)寄進

’13.3爾佐神社3

’13.3煮佐神社4

構え型狛犬 花崗岩製 平成17年(2005)寄進

’13.3爾佐神社1

毎年4月に行われる流鏑馬神事は同社が京都の鬼門に当たることから始まったと云われ悪魔祓いや集落の安全・豊作大漁
などが祈られる。

今年はどんな狛犬が待っているか楽しみだ。




使用機材:NIKON D700/AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8






Posted by takesan on  | 2 comments 

晩秋の大山 大神山神社奥の院

西伯郡大山町大山寺 

’13.11奥の院1

’13.11奥の院2

大山が冠雪してまもなくふと奥の院の狛犬に会いたくなった。

’13.11奥の院3

’13.11奥の院5

寛政八年寄進 松江石工 門兵衛 作 

尾が丸みを帯びている初期型出雲狛犬。
いかにも飛び掛ろうとしている構え型の狛犬も出雲狛犬として良いのだが
私はこの丸尾型狛犬がなんとなく愛くるしくて好きだ。

’13.11奥の院6

もうまもなくここも雪に閉ざされてしまう。
今度は来春の雪解けの頃かな、会いに行けるのは。





使用機材:NIKON D800E/AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8




Posted by takesan on  | 0 comments 

八重山神社の狛犬

島根県雲南市掛合町入間   八重山神社

’12.10八重山神社8

’12.10八重山神社7

掛合町の八重滝をさらに進んだところの八重山の中腹の洞窟のようなところに八重山神社は建立されている。

その昔この岩窟に悪行を働く邪神が住んでいた。
名を「鷲尾猛」(わしおたける)と云う。

金鶏にまたがり自在に宙を飛びこの里の住民を苦しめていた。
夜な夜な八重山の岩窟の洞穴から抜け出し村人の夢の中に現れ恐ろしい夢を見させて
不眠にした。
八股蛇を退治された後国巡りをしていた須佐之男命がこれを確認し八重山に
上り降伏せられた。

’12.10八重山神社6

ここの隋身門前にはかなり変わった狛犬が鎮座している。
以前から会いに行こうと思ってたがなかなか行けず、雪が降り始めるまでに何とか行けた。

’12.10八重山神社1

’12.10八重山神社2

’12.10八重山神社3

福光石製 異型座り型狛犬  製作年不明

’12.10八重山神社5

’12.10八重山神社4

狛犬よりも猿顔と云ったほうが合っていると思う。
が、なかなかユーモラスでいい表情をしていた。
しかしこの隋身門前の石段はかなりの急な造りで撮影には苦労した。

掛合よりさらに中国山地に入った頓原地区に同類の狛犬がいるとの情報がある。
しかしそろそろ山陰の山沿いは雪が降り積もり始めるから今年はもう無理かな。
雪解けをまって来春になるかな。




使用機材:NIKON D800E/AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED/AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8











Posted by takesan on  | 
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。